FC2ブログ

今回は取ったね。取った。

コーンをしぶとく売って来ましたが、昨日、今日で70〜80枚は利食いしました。

20枚75万円の証拠金で50万の利益です。

二回目の利食いですが、今回もそれなりのお金にはなったと思います。

お客様ありがとうございます。

朝方、24440円から24390円まで指値を入れ替えして行きましたが、仕舞うのは一苦労です。


市場規模も小さく出し入れしにくい部分も有りますが思うところもあり。

ご質問ある方はお問い合わせください。

ゴム
産地の先月納会で完全に流れが変化しています。
産地8月限162.9セント
1月限159.9セント
完全に鞘が修正されて同鞘になっています。
こうなると必然的に手前程、明らかに割高ですが、国内は新ポ発会時から、1月限は下鞘【12月限よりも1月限が安い状況】で発会している為、先物に行く程、割高感は解消されます。

少し前に底打ちと言うサイトが多かったようですが
私なりのシナリオもありご質問ある方はお問い合わせください。




お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ
スポンサーサイト



金を買い易い心理に。


NYは5月の1280ドル台から上昇して来ました。
この過程で引値で20日移動平均線を死守して来ました。
17日に1度タッチしていますがこの日も寄付きから陽線で引けています。

本日は陰線。

本日の入電次第では5月以来、初のブレイク。

国内と異なりタテの値段の相場では無く、NYは横の時間軸の相場。

国内のカテゴリーを見ても

当業者
19日
売り8782 買い23835
25日
売り11398 買い22741
と買い越しながら一般投資家が5営業日で3710枚買いに気持ちが傾いています。

19日から26日までの高値が4983円安値4896円。
高値、安値を19日同日にとっています。

単純ながらこの4896円をブレイクして来ると今週1週間の買い玉が水に浸って来ます。

今夜のNY市場は注視です。

プラチナは良く戻したと思います。しかし、セオリー通りならば3100円超えは一局の急所です。
しかし、大分買い方も降りて、利食いしており軽くもなっている相場では。



お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

午後。

お世話になります。

少しづつ夏に向かっている今日この頃です。
早くスカッと晴れて欲しいものです。

さて

利食い売りなどが出て3日ぶりの反落です。
1.4ドル安

中心限月8月物は
1426.7ドル。

現在電子取引は2ドル高辺り。

4944円33円安

※ある意味、金曜日の上げは売っている方を諦めさせた感覚が有ります。

先に少し触れましたが

1人の人間が100枚買い戻すよりも
10人で50枚買い戻されてしまう場面、市場心理の傾きが重要です。

強い相場は理解しています。

ゴム
シンガポール
12月限
160セント0.1セント高

※国内輸入換算172.3円
夜間引値と比較して12.3円の割高

上海市場
10585元100元安

国内当業者
7月18日
売り2241 買い1528
7月19日
売り2309 買い1483

※チャートの格好だけ見れば下も固い感覚ですが、中身だけ見ると大した上値も先物に関しては無い様な気がします。

タイを中心に生産が回復。
夏場はゴムの不需要期、秋にかけ増産期入り。
又、国内と上海を比較した場合、国内が割高でとても上海に輸出出来ないなどから、◯月限から崩れ出す可能性も。


コーン
大豆に連れ高。

6セント高

コーン12月限435.75セント

24680円200円安

7月18日
売り 785 買い621
7月19日
売り 785 買い621
商社商いゼロ。

※電子取引は6セント安。産地でかなりまとまった強い雨。

市場が狭い為、ご質問下さい。


お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

今思えば!

金曜日の上げ、金はきつかったですね。

売っている方からすれば気力が無くなる場面。

勿論、強い相場は理解しています。

ただ、1人で1000枚損切りの買い戻しをするよりも。

100人で100枚損切りさせられた場面の方が重要です。

そんな場面だったんじゃないかな?

今のイメージだと木曜日の終値から10円程度しか上げてないんですよ。

現実。

久しぶりの更新です。

NYダウは高値からの初押し。
たった115ドル程度の下げ幅。

国内225先物は350円を超える下げ幅。
既にチャートも悪化しており、高値から700円以上下落しています。

ダウの修正安が本格化するようだと225先物もとんでもない値段が出て来る可能性がある。

原油も止まるべき、戻しの急所で止まり下落している。

株安からの資金シフトで金が高い。
このような銘柄ほど売って引っかかってしまっている。
当方は買って大儲けと嘘をつきたいところだが、ポジションは周りと同じ。

但し、増やしてはいない。じっとしている。

金を大量買いしている人物に仮想通貨で大儲けした人物もいるとか?いないとか?

そういえば私の後輩で仮想通貨をいち早く始め、ウン億手にした奴が居たが金を確かに買っていた。

少し前の話なので4〜6月時の下落でやられたと思う。

月足が怖い。1400ドルは今までの上限。このレベルで止まらないと走る。

大相場。

金が増えていない理由もある本命がある。

コーンは8月12日にUSDAが再調査した作付面積が下方修正されると言うのが万人の見解です。

現時点、公の場の数字は旧穀在庫は2.340万BU、新穀はエーカー辺り166BUまで引き下げても期末在庫は2.010万BUと供給過多の状況に。
8月12日に下方修正されると言う、一点から当然のように買われているが。
まだ、発表があった。
6月23日時点で作付進度が96%
28日公表された数字は5月発表数字の99%達成率になって来る。
1週間で3%作付進度が進んでいれば
5月発表の作付面積
9280万エーカー
9280✖︎0.99=9187
9187万エーカー
6月28日公表の作付面積9170万エーカー
まさかがあるとしたら当初の5月時よりも作付面積増加と言うシナリオが充分に考えられる。
そうなるとシカゴコーンは3.8ドル。

ゴム
買い占めても先物までブチ上げ無ければ現物を受けるメリットは無い。勿論、純粋に現物だけ買う向きもいるだろうが、手前を買っているのは産地業者。
売っているのも商社。
といっても難しい9月限が戻りなのか?
先物だけのチャートで見れば今直ぐの新安値は無い。
周りのサイトで騒いでいるようだがお客様には先にお伝えしていた通り。



お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

斬新だと思いますが!

余り興味も無い銘柄かもしれませんが

とうもろこし。

今年前半は長雨、洪水騒ぎで過去例に無い程、作付け遅れが深刻な状況でした。

アメリカ農務省は毎月11日に需給報告と言う需給見通しを発表しています。

5月11日
作付面積を9280万エーカーと発表

6月11日
作付面積を8980万エーカーに下方修正しています。

しかし
28日事前予想8702万6000エーカー
を覆し
9170万エーカーと発表しています。
実際にシカゴの市場参加者は殆ど信じていない筈です。
8月時に発表される需給報告ではっきりするようですが

6月24日に発表された作付進度は23日までの週で96%の完了済みでした。
この1週間前は92%
その前の週は83%でした。
6月16日までに先週比較で9%
6月23日までに先週比較で4%
進んでいる訳です。
では、USDAが算出した数字
月末までに3%プラスした作付作業の進展で可能です。
9280万エーカー✖️0.99=9187.2万エーカー

この数字が有り得ないと感じているようですが。

相場に意外は付き物。

個人的には9187万エーカーは十分にある数字だと思いますし、もっと増えているような感覚が有ります。

作況が心配されていますが元々、4〜5週遅れて作付けしています。

開花辺りの状況を見ると一気に3〜5ポイントほど改善される週があるかもしれませんね。

やれるものなど限られますから

取り易きで取る!

そして取れ!!


お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

自分と合う方を見付ける。

お世話になります。


FRBの議会証言を控えほぼ横ばいです。
議会証言は10日11日。

0.5ドル高。

中心限月8月物は
1400.5ドル。

現在4862円6円高

※電子取引はドル高気味から6.1ドル安辺り、再度の1400ドル割れです。
スッキリしません。
値幅を出した後の、横の時間軸の相場です。

NY金もお伝えしているように、1200〜1400ドルのボックス相場が長期に渡って続いています。
1400ドルは心理的に高値。
しかし、順張りの相場は今までの高値が安値に変化する場面です。
このような場面を買って相場が上に出た時は大きな相場に発展します。
上げる起爆剤は新規買いよりも売り方の買い戻しが入って大きくなります。
今は1400ドルを一瞬上抜けしたものの足踏み状態。
下げなくても

上がらない

と言う感覚が芽生えて来るかです。

個人的にはそうなって欲しいと願う人が多いと感じますが崩れ待ち。

ただ、前回安値4802円を明確に割り込んで来れば4600〜4700円辺りを取りに行くチャートの絵面。


ゴム
シンガポール
12月限
158セント3.1セント安

※国内輸入換算172円
夜間引値と比較して5.8円の割高

上海市場
10675元135元安

国内当業者
7月8日
売り2325 買い941
7月9日
売り2367 買い1190

※気が付けば50円以上の逆鞘です。
10月狙いの売りがかたいでしょうが山っ気ある方は9月限でも。
ただ、先物は下げこじれて来ますから手前売りの先物買いも手法としては有りかと。
ただ、売買はしにくい筈。
正直、見ていられません。
王道は先物取引ですから先物勝負。

コーン
作柄好転と米中西部の天候改善から。

12月限は6.5セント安
437.25セント

現在25010円120円安


7月8日
売り 876 買い594
7月9日
売り 834 買い598
商社44買い

※今年の発表内容には疑問が沢山有ります。
11日公表数字と28日公表の作付面積の開き。
又、良以上が本当57%なのか?
そして開花、シルキングなどを観察して行く上で、それ程問題が無さそうな点です。

まあ。1ポイント改善されて売られて来ますから予定通りですが。。。

4〜5週遅れての作付け作業です。

個人的には一気に良以上が3〜5ポイント上がる週があると思っております。

しかし

【お客様のみ】



お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

難しいものやってるんですから1人で悩まない。

お世話になります。


株価下落に伴う買いと、利下げ後退観測の売りが交差して
0.1ドル安。

中心限月8月物は
1400ドル。

現在4861円10円安

※電子取引開始直後から2〜3ドル程下落しています。1400ドルを割れて来ましたが加速していません。
チャートは3日続けての陰線ですがパンチのあるスッキリした値動きでは有りません。

しかし、買われない事が大事です。重たさを意識の中に芽生えさせる事。

CFTC発表
7月2日時点でファンドの差引残は
買い258946枚
先週比較でプラス22392枚買いです。
この時の8月限の終値は1408ドル。
下回っています。
国内も昨日から一般委託者の買いに対して当業者売りの構図に!


ゴム
シンガポール
12月限
161.1セント3.8セント安

※国内輸入換算175.1円
夜間引値と比較して4.5円の割高

上海市場
10865元285元安

国内当業者
7月5日
売り2312 買い858
7月8日
売り2325 買い941

※国内は繋ぎチャートで見るといくつかのポイントに差し掛かっているものの歪な逆鞘の為、下げに歯止めがかかりにくい状況です。
3月29日180.2円で止まりません。
そうなると
1月29日175.1円以下が一つの目処になりますが。
未だ値ごろ買いは厳禁。

コーン
米中西部で来週高温乾燥予報から

12月限は1.5セント高
443.75セント

現在25100円240円安


7月5日
売り 876 買い586
7月8日
売り 876 買い594
商社8買い

7月2日時点のファンドの差引残は
買い300799枚
先週比較で売り6402枚です。

引け後の作況報告です。

発芽98%
シルキング8%平年22%
良以上57%先週56%
劣以下12%先週12%
良以上は事前予想の範囲内です。
この時期は雨が必要です。
電子取引は3.5セント安。

個人的には前半の長雨の影響を挽回しているように感じています。

0.382%戻り25225円
50%戻り25525円
それなりの値段です。

7月1日に下ヒゲながら23950円を付けています。
5月限から7月限の鞘です。
1日120円
2日120円
3日170円
4日360円
5日370円
8日420円
見ていると5月限の上げ方が弱いのですが、先物に買い気がわいた事が理解出来ます。



お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

明日からは。

良いのか、悪いのか?ここ数週間、暇な土日を過ごさせて頂いております。

NYダウ43.88ドル安
225先物21650円50円安
日経平均CFD取引は21707円

為替
ドル円108.475
リラ円19.26
ユーロドル1.1226ドル

※週末は雇用統計の発表があり、堅調な内容。
過度の利下げ観測が後退したことをからダウに売りが入っています。
そしてドル高。
まあ、いつも話をしている事ですが雇用数字が良く好景気見通しならばダウは買われて良いと思いますが、これで売られて来るのも最近の流行りです。


此方も堅調な雇用統計の数字を受け3日ぶりの反落です。
これは当然の流れでしょう。
20.8ドル安。

中心限月8月物は
1400.1ドル。一時1400ドルを割り込んでいます。1388.6ドル

夜間引値4867円23円安

1400ドルを割れてもロスカットの投げ売りが加速していません。
直近では2度、1388ドル台を試している日が有りますが、買い拾われています。
月曜日以降の1400ドル台が維持出来る事、やはり月始めの陰線の終値を買い方は死守出来るかです。
チャート的にも完全なWトップが完成してしまいます。
引け後、発表のCFTCの建玉明細です。
6月25日時点でファンドの差引残は
買い236554枚
先週比較でプラス32231枚買いです。
この時の7月限の終値は1418.7ドル。
金曜日引値は1396.7ドルです。
既に25日の買い値段を下回っています。
先週コメントした通り、ファンドの買い越し残も高水準と言えるだけに下ブレした時の値幅も警戒です。
この値段は月足で見ても非常に重要な場面です。
11〜12年に1911.6ドルまで上昇しています。
この時は前半に中東情勢の緊迫化、欧米の債務不安で、安全資産、有事の金買いが入っています。
1400ドルが安定するのか?逆に強く見せて下に入るのか興味深い場面です。
下に入るようであればやはり1200〜1400ドルのボックス相場だったと言う結論になるでしょう。
明日からは大切な1週間になります。


ゴム
シンガポール
12月限
164.9セント3.2セント高

※国内輸入換算178.8円
夜間引値と比較して5.4円の割高

上海市場
11250元25元安

国内当業者
7月4日
売り2417 買い710
7月5日
売り2312 買い858

※結局、専門誌などで色々囁かれていますが、暴落のキッカケになったのは明らかに産地の6月限納会直後、大幅な逆鞘を形成していた6月限が納会後、7月限が6月限の価格に付いて行けなかった。
専門用語で言うと鞘寄せ出来なかった部分が1番の原因です。

産地で原料の出回りが増加して、売り渋りしていた農家が手持ちを売り出した為です。

実際にタイ筋は7〜8月限も現物を受ける作戦のようですが、現物を受ける代金よりも先物で買い建てしている大量買いに利が乗っていないのですから、仕手戦としては現状、負け戦。
ここから一気に手前から買い占めて。先物まで一代高値まで持って行く。手腕があるのか?
既に先物3本は売り方ペースの値洗いである事は間違いないが、既にそれなりの幅も下げている為、戻りも警戒しながら。

タイ筋が現物を受けるメリットがあるのか?と言うシンプルな質問ならば、答えは
ノー!!

コーン
根強い作柄悪化懸念とテクニカルな買いで3日続伸です。

12月限は1セント高
442.25セント

夜間引値25090円110円安
5月限は24670円160円安
しかし値段は安い。

7月4日
売り 876 買い586
7月5日
売り 876 買い586
商社商いは0

CFTCは25日時点でファンドの差引残は
買い307201枚先週比較でプラス36855枚の買いです。
USDAは今月、中西部12州とニューヨーク州でコーンの作付面積を再調査する意向で8月の需給報告で反映される予定です。
確かに28日の内容はビックサプライズな数字でそうさせるのも理解出来る程の内容だったと思います。
11日米国農務省(USDA)と言う公的機関が公開した数字が月末28日にこれだけ変化してしまっているのですから。

恐らくシカゴの多くの市場参加者は28日の内容を真実として受け止めていないと思います。
そうでなければこの価格帯まで戻す訳が有りません。
実際にファンドの買いが積み重なっている為、それが伺えます。

【お客様のみ】


ただ、作付面積の最終発表と言うのは24日の発表には掲載されていません。つまり17日の作付面積内容が確か記憶の中では11日時点で92%だったとすれば28日の内容くらい行っていると思うのですが。。。

後は既に天候に目が向いているようです。
作付時と異なり、降雨も必要になります。
又、気候も温暖なようです。
さて、目先は天候は勿論、火曜日の朝から反映される作況進度。
そして月曜日からの

【お客様のみ】

長々失礼しました。


お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ

デフレ

お世話になります。
金が急騰しています。
米中貿易交渉の解決の糸口が見えない事。
遅かれ早かれ利下げに踏み切る事など金が下げにくい潜在的な要素から買われているようです。
しかし、景気後退懸念も世界的に確実に広がっています。
インフレか?デフレか?
そうなればやはり
デフレ。物の価格が下がる。
一言では言い切れませんが、デフレと言う答えであれば金も今後下落して行くでしょう。
しかし今は有事の金?
デフレ前提に相場を組み立てて行きます。

225先物21600円160円安
日足も2日続けて、陰線です。
3日前の陽線の半分辺り21480円辺りを割り込むとチャートも悪化して行きます。

ゴム
シンガポール
12月限
167.3セント3.1セント安

※これ大事ですね。
産地も
8月限196.6セント1.1セント安
9月限168.5セント5.8セント安
12月限167.3セントです。
納会した7月限に鞘寄せして8月限は突っ張っていますが9〜12月限は同鞘です。
産地の逆鞘が解消されています。
経験則上まず、終わった相場です。

国内輸入換算180.5円
夜間引値と比較して8.5円の割高

上海市場
11265元10元安

国内当業者
7月1日
売り3072 買い473
7月2日
売り2767 買い481


コーン
良以上が56%で事前予想の57%に届いていない事、連日の下落に対する買い戻しも入り
3.5セント高
12月限
426セント

7月1日
売り 929 買い586
7月2日
売り 885 買い586
商社44買い

※一昨日の取組高を見て5月限の取組高が減少しています。買いのファンドの投げが誘発された形です。
さて、ある意味サプライズを先読みして、味方に出来た相場ポジションです。
作付面積と言う分母は、長雨の影響から撒けないから、撒けたに変化していますが、問題はここから良以上がどれだけ増えるか?です。
常に先読み先読みして下値の目処を探して行きます。
昨日、5月限は大々的に手仕舞いしました。
先程、先物は成行買いから24950円まで上昇していますが、740円以上は28日発表日の終値で740円以上は今は行き過ぎです。
高値26500円安値23950円です。
2550円の下げ幅です。

原油
世界的な需要減速懸念から売られています。
やりませんでしが、良いところまで戻していましたからね。残念。
49340円から36840円12500円下げました。
38.2%戻りは41615円。



お問い合わせお待ちしております。下記よりお申し込み下さい。
無料会員申し込み


にほんブログ村


商品先物 ブログランキングへ
プロフィール

夢一問

Author:夢一問


相場の素朴な疑問、思い切って尋ねてみては!?それで何かが変わる!!


海とポケモンが好きなオジサンです。


相場歴は既に20年を越え、FX、商品、225先物を毎日鋭く分析しています。


良く遊び、その為に働く!!


そんなブログを是非ご覧下さい

無料メール会員申し込み
ランキング
リスクの表示
最新記事
ランキングNO2
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる